たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

多摩輸送に一番力を入れてきた京王の取り組み

前回は小田急多摩線の過去から今を振り返ってきました。とはいっても、多摩ニュータウンのアクセスは京王がメインだったこともあり、特に平成になってからは相模原線の路線環境が大きく変わったと管理人は実感しています。今回は全線開通から現在までをかれこれ振り返ろうかと思います。

つづきを表示

PageTop

ダイヤ改正&複々線完成まであと1か月

来月17日に小田急線は複々線化工事完成に伴うダイヤ改正を実施することが決まりましたが、所要時間短縮と同時に気になるのは新宿~多摩センター間で京王線とライバル関係を持つ多摩線。この20年近くで多摩線は都心へのアクセスを向上させてきた取り組みを振り替えます。

つづきを表示

PageTop

駅名標の話

駅を降りると欠かさず目にするのが駅名標。今日は駅名標の話にお付き合いください。

つづきを表示

PageTop

廃止になったのか?

東急東横線・東京メトロ日比谷線が乗り入れる中目黒駅。高架下は山手通りとなっており、東急バス2系統が走っています。

つづきを表示

PageTop

謹賀新年

たきわ交通局をご覧の皆様、あけましておめでとうございます。2018年がスタートしました。今年も鉄道・バスに限らず運輸業界の在り方についてもこのブログで取り上げたいと思います。昨年同様、記事は毎月1・11・21日にアップします。最後になりますが、今年もよろしくお願いします。

PageTop

2017年の締め

皆様、2017年も今日が最後となりました。国鉄がJRになり30年という節目を迎え、赤字路線が廃止を決定したり、存続問題が浮上したりと頭を悩ましたのではないかと思います。また、今月中旬には新幹線に亀裂が入ったまま走行を行っていたという重大アクシデントもありました。日本の運輸業界全体を今一度見直さなければならない時期であるのかもしれません。

最後になりますが、皆様よいお年をお迎えください。

PageTop

大工さんが作る電車の模型

大工さん、といえば家を作る棟梁と思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?そんな大工さん手作りの電車の模型、首都圏で見れる場所があります。

つづきを表示

PageTop

駅の無人化は首都圏でも…

駅の無人化、といえば大半の方はローカル線が想像つくのですが、首都圏、とくに都内から通勤エリア内の駅においても一部時間帯の無人化を推し進めているようです。

つづきを表示

PageTop

乗り換えは徒歩連絡

2017年も残すところあと一か月。

都内の地下鉄は駅名が違えど連絡通路を通って乗り換えできる駅が大半なのですが、郊外になると徒歩連絡を活用するケースがあります。

つづきを表示

PageTop

地下鉄走って90年、速達性を求めて

1927(昭和2)年12月30日。日本初の地下鉄(のちの東京メトロ銀座線)が上野~浅草間に開業して今年で90年。東京から歴史が始まった地下鉄はその後横浜、名古屋、仙台、大阪、神戸、福岡、札幌と対流輸送の足として現在に至るまで貢献してきました。そこで今日は90年の歴史の中で地下鉄における優等列車の話にお付き合いください。

つづきを表示

PageTop