たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

かつては8連固定だった車両が

小田急1000形や京王8000系が分割編成から固定編成に改造されていく昨今、長編成だった車両が短編成化された車両も存在します。

つづきを表示

PageTop

どこか異なる1000形の連結部分。

1000形がデビューしたのは1988(昭和63)年3月。近郊各停の8連化を推進するために製造された車両であり、1990年代から2010年夏までは営団(現・東京メトロ)千代田線への乗り入れ、1991(平成3)年にはドアの幅を広くしたワイドドアが製造されたりと、なにかと小田急の主力車両として活躍してきました。2009(平成21)年3月には4連口が箱根登山カラーになって、現在は小田急車両しか走らなくなった小田原~箱根湯本間の運用を中心に活躍中です。

話せば長くなってしまうので…話題変えます。

つづきを表示

PageTop

首都圏で活躍するN101系

JR常磐緩行線馬橋と流山の5.7㌔を結ぶ流鉄流山線。西武鉄道で活躍していた車両が第二の人生を送っています。

つづきを表示

PageTop