たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

京浜東北線だヨ! 全員集合

埼玉県の大宮から東京を介し神奈川県の大船を結ぶ京浜東北線。現在209系からE233系1000番台の代替が進んでいます。209系の活躍も残りわずかです。そんな京浜東北線ですが、歴代の車両をBトレイン(バンダイ)で並ばせてみました。

奥から順に
103系ATC車・205系・209系・209系500番台・E233系1000番台
京浜東北(3)

103系ATC車は1974(昭和49)年にデビューし1998(平成10)年3月まで活躍しました。京浜東北線撤退後は京葉線でも見ることができ、2005(平成17)年12月に退役しております。

1989(平成元)年10月にデビューした205系。ドア窓は山手線用と違い、大きいサイズになりました。ちなみに、最盛期は6編成が活躍しており、209系の相次ぐ導入で他路線に転属されることになります。最後まで残った編成は1996(平成8)年2月をもって京浜東北線での活躍は終わりました。

1992(平成4)年にデビューした209系は、当初は209系900番台として製造されました。以後量産編成が登場し、先代の103系を淘汰していくために1998(平成10)年まで製造が続きました。1995(平成7)年度には5号車に6ドア車が設定されました。その後変化のない時期が長く続きますが2007(平成19)年12月以降は後輩のE233系1000番台導入により退役が始まりました。退役した編成はほとんどが廃車・解体されてしましましたが、一部の編成は東京の立川と神奈川県の川崎を南北に結ぶ南武線と房総用への転用改造が行われています。
※なお2010(平成22)年1月24日を持って京浜東北線での活躍は終了しました。

209系500番台は1998(平成10)年12月に中央・総武緩行線で活躍していた103系を代替する目的で導入されました。2000年からデジタルATC化に伴う予備編成の確保で中央・総武緩行線から2編成京浜東北線に転属されます。さらに平成18(2006)年度には209系900番台の廃車に伴い、さらに3編成転属されます。最盛期は5編成も在籍していましたが、現在京浜東北線においては1編成のみとなりそれ以外の編成は京葉線に転属されました。先代の205系と同様、活躍期間が短い車両になりそうです。
※こちらは2009(平成21)年9月を持って運用離脱し、カナリアイエロー帯となり古巣の中央・総武緩行線に戻りました。

E233系1000番台、現在の京浜東北線の主力車両です。すっかり同線の顔となりました。209のほうの活躍もおそらく今年度いっぱいではないでしょうか。中央快速線のE233系をベースにしていますが、分割編成はありません。209系には設定されている6ドアも連結されていません。

かれこれ書いているうちに長くなりましたが、こうした並びを満喫できるのも鉄道模型の楽しみです。変わりゆく京浜東北線ですが、209系の乗車・撮影も早めに行うことをお勧めします。余談ではありますが、マナーを守って撮影・乗車してください。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

お返事がおそくなりましてもうしわけございません。
先日は当方のブログにお越しいただき、またコメントをいただきましてありがとうございました。
また、相互リンクのお誘いをいただきまして、喜んで承らせていただきます。
東方ではすでにブログTopページにリンクさせていただきました。確認ができましたらよろしくお願いします。

準特急太朗 | URL | 2009年07月20日(Mon)14:32 [EDIT]


準特急太朗さん、こんばんは。
先ほどこちらのブログでリンク確認しました。僕のほうもすぐ設定しますので、よろしくお願いします。

A80&481 | URL | 2009年07月20日(Mon)21:04 [EDIT]