たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

いったんは離脱、そして復帰

昨年7月に1年半の休車を経て営業復帰した31603-31403の付属編成。

1997(平成9)年11月17日に31403Fが、翌年11月24日に31603Fが竣工し、2003(平成15)年3月19日の半蔵門線水天宮前~押上間開業並びに東武伊勢崎線押上~南栗橋間(そのうち押上~曳舟間は複々線扱い)の相互直通開始と同時に念願を叶うことが出来ました。

しかし、2006年3月18日のダイヤ改正から50050系が営業運転を開始し、30000系は地上運用に転用することに。この編成も2007年2月に51060F導入で直通運用から離脱し、1年5カ月の休車を経て昨年7月、再び直通運用に戻りました。

撮影した時点で、50050系は既に15編成が運用についており、また追加導入があれば離脱するとも限らない…そんな思いで撮影したのであります。管理人にとってはこれが地下鉄運用に入る最後の31603-31403になってしまいそうです。
31403F 押上
2009(平成21)年6月23日 半蔵門線押上駅(3番線)にて

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する