たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

乗り継ぎ制度で利便性は高まるか?秋葉原⇔岩本町の関係

東京メトロ日比谷線秋葉原駅と都営新宿線岩本町駅は目と鼻の距離。しかしながら現時点において乗り継ぎ制度は実施されておらず、日比谷線⇔都営新宿線を乗り継ぐ場合は乗車券を買い直す必要があります。

先月、東京メトロと都営地下鉄の経営統合は見送ったものの、サービス改善の一環としてメトロ秋葉原⇔都営岩本町、メトロ湯島⇔都営上野御徒町での乗り継ぎ制度を開始させる、という計画が下されました。この制度の開始により、乗車券を買う必要はなくなり、アクセス改善などが期待できそうです。

それではメトロ秋葉原⇔都営岩本町の関係を画像で案内することにしましょう。
①まずは…日比谷線秋葉原駅4番出口。岩本町駅への移動は小伝馬町寄りのこの方向が便利です。
10022701.jpg

②神田川を渡ります。
10022702.jpg

③神田川を渡ると歩道があります。
10022703.jpg

④あっという間に岩本町駅の入口です。
10022704.jpg

⑤1978(昭和53)年12月に都営新宿線が開業して以来、ここ岩本町駅では日比谷線への乗り継ぎができないことをアピールしています。どう考えても隣近所の関係みたいなのに…。
10022705.jpg

⑥一方こちらは都営新宿線岩本町駅の地上(靖国通り沿い)と地下1F改札コンコースを結ぶエレベーターです。
10022706.jpg

⑦このエレベーターを利用した場合、日比谷線秋葉原駅のエレベーターがある昭和通り口まで300Mです。車いすを利用していたり、ご高齢の方には負担が大きいと言わざるを得ません。
10022707.jpg

メトロ秋葉原⇔都営岩本町間は神田川を挟んでいたり、昭和通りの上には首都高速が走っている関係で地下通路を設けることができないとも聞きます。ただ、乗り継ぎ制度の開始で日比谷線⇔都営新宿線へのアクセスが改善されるなどの期待も高まるであろうと考えています。
それから、エレベーターの話に移りますが、日比谷線秋葉原駅では改札口とホーム間を結ぶものは上下線ともなか御徒町寄り、改札階と地上を結ぶエレベーターは昭和通り沿いにあります。車いすを利用していたり、ご高齢の方が日比谷線⇔都営新宿線と乗り継ぐ時は先ほども記したとおり、負担を強いられます。乗り換えまでの間に横断歩道を渡らなければならないこと。また秋葉原周辺は買い物客や交通量も多いなど、注意する必要性もあります。

管理人としてはこの乗り継ぎ制度を否定するつもりはありません。さておき、東京メトロや東京都交通局、国や自治体(千代田区)にはそういったリスクがあることを改めて理解しつつ、メトロ⇔都営相互のサービス改善につながることを期待したいと思っています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する