たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

あさぎり運用終了が決まった371系

小田急線新宿と沼津を結ぶ特急あさぎり号で活躍しているJR東海371系が来年3月を持って運用終了が決まりました。

1991(平成3)年にデビューした371系は1編成だけしか製造されず、小田急新宿~沼津間を結ぶあさぎり号やホームライナー沼津・静岡と幅広い活躍をしています。この編成が入場した際、全てのあさぎり号は小田急20000形ことRSE車が代走を行います。デビューから20年、老朽化がささやかれていました。しかし、あさぎり運用終了後は団体専用車に生まれ変わります。どのような姿になることでしょう?ちなみに管理人は371系の側面を見ると100系新幹線を思い出します。かつて小田急沿線に在住してた時、世田谷を走る唯一のJR車として注目がありました。

小田急新宿駅特急ホームで発車待ちを行う371系 2004年12月27日撮影
04122701.jpg
あさぎり号は沼津乗入れから20年で取り巻く環境は変わりました。小田急御殿場ファミリーランドの閉園、京王バス東による新宿・渋谷~沼津方面へ向かう高速バスの運行、今年になってからは車内販売も終了しています。とはいえ、1日4往復しか走っていないことを考えると小田急はあさぎり号よりも千代田線乗入のほうが需要や展望性(ロマンスカーの運行や多摩急行の増発)がありますし、JR東海は新幹線で収益を確保しているからそれで十分、という事情もあります。

最後にあさぎり号も来年の今頃は小田急車のみと運行となり、本数もどうなることでしょうか?新宿~御殿場・沼津間は高速バスのほうが運賃が安い、という点では不利な状況であるものの、時間どおりに移動できるという面では優位です。そのメリットを今後も生かしてほしいと管理人は願わずにはいられません。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する