たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

東上線で元気にやってるかい??

2011年現在、半蔵門線に乗り入れている30000系は2編成のみ。15編成製造された30000系のうち、2編成が東上線に移籍しましたが、半蔵門線乗入時代の画像が見つかりましたのでUPします。

1月下旬に東上線に移籍した31601-31401編成です。
東急長津田検車区に入庫し、東急車両に囲まれて夕方までお休み。右側の2001Fも幕時代、懐かしいです。
2005年3月19日 長津田検車区付近にて
05031901.jpg

渋谷駅を発車し、長津田を目指す 2006年5月2日 半蔵門線・東急田園都市線渋谷駅にて
06050201.jpg

先月、移籍した31611-31411の乗入時代。久喜行きが運行開始した直後に撮影しました
2006年3月21日 東急田園都市線二子玉川駅にて
06032101.jpg

この2編成は東上線移籍後、36601号車と31411号車は運転台が撤去されました。なぜ、撤去されたのかと言いますと東上線(全線のうち池袋~小川町間)は分割運用が無いため、運転台を残す必要性が無いからです。2006年に退役した小田急9000形でも末期4+4になった編成の一部は中間運転台が撤去されました。なので、東上線に移籍した30000系は10両固定編成としての扱いです。

管理人は30000系を本線から東上線に移籍するんだったら、50000系を製造する方が効率的だと思うのですが…。中間運転台撤去や改造にかかるコストを考えますと。とはいえ、今後も30000系の東上線移籍が続くかどうかは分かりませんが、東武初のワンハンドルマスコン採用車、そして第二の都心ルートとして相互乗り入れを開始した半蔵門線・東急田園都市線に乗り入れた功績が色褪せることはありません。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する