たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

2013年3月16日 東横線は新時代へ

2013年3月16日・・・東横線は渋谷駅から東京メトロ副都心線と乗り入れ開始し、小竹向原駅では西武有楽町・池袋線と和光市駅からは東武東上線と相互乗り入れを開始します。

それとは引換に日比谷線との乗り入れが前日の3/15を持って廃止されることになります。

1988(昭和63)年に初代7000系代替に伴ってデビューした1000系。直通廃止後の処遇が気になります。後継車も製造もなかったので、廃車・譲渡の道をたどることになるでしょう。
12080501.jpg

こちらは東京メトロ03系。菊名まで乗り入れるのも半年とちょっとになりました。
12080502.jpg

今回の廃止理由としては東横線と日比谷線で車両の長さが異なり(東横線車両は20M・日比谷線は18M)、輸送力に問題があったこと。東横線各駅に今後ホームドアが設置されると日比谷線車両とドア位置が合わない。副都心線乗り入れ開始後にダイヤが乱れたとき、日比谷線まで拡大させたくない。などの理由が挙げられます。

2000年に東横線のバイパスルートとして目黒線を介した東京メトロ南北線・都営三田線との相互乗り入れ開始、おととし3月のJR横須賀線武蔵小杉駅開業により、郊外から都心方面への所要時間が短縮されたことも日比谷線直通廃止に拍車をかけたのではないかとも思ってます。

その一方で03系の鷺沼入出場ルートがどうなるかも無視できません。南千住から東武線竹ノ塚まで北上しそこから本線・半蔵門線・東急田園都市線経由で鷺沼回送されるのは遠回りですし、中目黒の連絡線を撤去させるわけにはいかないでしょう。

連絡運輸に関しては東急・メトロとも特に細かい記述はなかったので、継続ということでしょうか。

最後に。
もし東横線が副都心線との乗り入れがなかったら日比谷線との乗り入れは継続していたかもしれません。東急側も渋谷駅を通らず六本木・銀座方面へ直通できる、という点においては十分役目を果たしたとも言えます。東横線内においても六本木・銀座方面は中目黒で対面乗り換えできますし、渋谷から先、新宿・池袋方面へ向かうほうが旨みがあるということです。半世紀近くに渡った直通運転が見れなくなる日まで、愛好家の皆さん。マナーを守って撮影してくださるようお願いします。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する