たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

あと、2週間

03系が東横線内で営業運転を行うのもあと2週間となりました。18M車だけでなく、5ドアの03系に乗れるのも残り僅かということです。

田園調布駅に到着した03-126F。03系のVVVF車はこの編成から採用が始まりました。東横線内で北千住表示が見れるのは3/15までです。なお、8500系の北千住表示は今後も見れますが、そちらの場合は東武線内で輸送障害が発生し、半蔵門線との直通運転を中止した時に限ります。
13012401.jpg

学芸大学駅にて。座席が埋まっているので、廃止になるとは考えにくいですが・・・。東横線内での5ドアも印象が強いですね。16日からは全列車20M・4ドアに統一されるので、特徴ある車両が消えるのは寂しい限りです。
13012402.jpg

中目黒駅にて。直通列車であるため、すべての5ドアが開きます。これも15日までの光景です。16日からは日比谷線の全列車が中目黒始発・終着になります。上りの始発列車で5ドア車が到着しても乗車位置の関係で3ドアしか開きません。(次の駅からはすべてのドアが開きます)
13012403.jpg

おまけ。車内から撮影した03-122Fによる菊名行き。お客さんを載せてこの渡り線を通過するのも残りわずか。ただ、03系の全般検査・重要部検査は鷺沼工場で行っているので、撤去するとは考えにくいです。半蔵門線ルートで入出場回送するとなると、南千住からいったん東武線の竹ノ塚まで北上しないといけないので非効率です。
13012404.jpg

車内の様子を見ていると日中でも乗車率がいい時とそうでない時があるようです。管理人が乗車したときは座席が埋まっているので、乗車率はそこそこ・・・といった感じでした。とはいえ、東横線は渋谷志向が強く、日比谷線直通列車の存在も薄くなってしまった印象があります。それはさておき、半世紀近く続いた相互乗り入れはまもなく使命を終えようとしています。そのあいだに営団(現東京メトロ)側は3000系から03系に、東急側は7000系(初代)から1000系にバトンタッチしました。東急にとっては初の都心乗り入れが出来たのですから、その功績が色褪せることはないでしょう。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する