たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

千葉ニュータウン鉄道19年ぶりの新車9200形と「できるだけ乗らずに済ます北総線」

先月1日から千葉ニュータウン鉄道9200形9201編成の営業運転が開始され、営業運転開始から2日目にキャッチすることができました。千葉ニュータウン鉄道9100形がデビューした1994(平成6)年以来19年ぶりの新車です。

9200形は京成3000形と共通設計で、帯色が違うといったところでしょうか?室内は3050形で採用されたLCDで次駅・乗換案内を行っています。このほど営業運転開始した京成3000形3026編成に関しても3000形基本番台で初めてLCDが採用されました。
13030201.jpg
この9200形導入により1984(昭和59)年にデビューした9000形を置き換えるのはほぼ確実です。京成3300形をリースした7268編成に関しても今後7500形に置き換わるかあるいは9200形になるかは不明ですが、検査期限が再来年4月なので、予断は許せません。とはいえ、車体の傷みが目立っているので、京成に返却して廃車させるか古巣の宗吾工場でお化粧直しぐらいはしてほしいところです・・・。

続きまして、「できるだけ 乗らずに済ます 北総線」の本について紹介したいと思います。
13030202.jpg
2冊ありますが、左は昨年10月に「北総線年下げ裁判の会」から通信販売で購入したやつ。右が神保町の書泉グランデで購入したやつです。

13030203.jpg
千葉県では主に北総線沿線の書店で扱っていますが、都内では書泉グランデのみの扱いです。京成線の駅売店でも並んだほうがいいと思います。これは北総線や沿線住民だけの問題ではなく、千葉県の問題でもあるからです。

北総鉄道の2012年度上半期決算では債務超過が解消できても繰越損失や長期負債が残っていることもあり、経営が厳しいことには変わらないとのことです。京成電鉄運行のスカイライナーやアクセス特急が走るようになり、都心と千葉ニュータウン、成田空港へのアクセスが良くなった北総線ですが、親会社京成は子会社北総に線路使用料を払わない「ただのり」しているとの見方もあります。

それはさておき、北総線の運賃値下げは沿線住民の願いです。沿線自治体(印西・白井など)は補助金支払いを2014(平成26)年度まで続けることになっていますが、2015(平成27)年度以降は値下げするか再び値上げに踏み切るか・・・。スカイアクセス線開業時の値下げ(普通運賃)は5%でしたが、京成本線と同じ運賃形態になる日は果たしてやってくるのだろうか・・・。もっと便利で使いやすい北総線になって欲しいと管理人は願わずにはいられません。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

リンク設定させて頂きました

こんにちは。

ここでも取り上げている名著「できるだけ 乗らずに済ます 北総線」は、こちらも一冊手元にあり、もっと色々な所で発売されれば…と感じる1冊ですが、出版時期によって若干の差異が存在するのですね。

また現状の2重戸籍による「2枚舌構造」は他に類がなく、通称「悪徳」と呼ばれている列車に乗車し、「○○の次は△△に止まります」の後に「この電車の止まらない、北総線の□□、××にお出での方は…」といった放送を聞く度に、腹立たしく感じます。

おまけに従業員数などを見ると、会社の実態は?と疑いたくなる北総監獄鉄道の存在などは、沿線を食い物にした不誠実さの極みと感じ、こんな会社が堂々と新車を導入して走らせ、相変わらずの超高額運賃で居直るのは呆れる限りで、裁判が起きるのも当然と感じます。

個人的な本音としては、「開発を止めた某鉄道」は清算し、千原線の様に親会社一本化&メタボ運賃の是正(その代わり空港までの運賃は若干値上げ・他交通機関との競合問題は必要に応じて料金値下げや企画乗車券設定で解決)が最も妥当と感じますが、自浄能力などはまず期待できないと思いますので、裁判判決や行政指導などの外圧がない限り、現状維持がやっと(場合によっては更なる悪化)なのではという気がします。

あとリンクの件は大歓迎です。

こちらからもリンク設定致しましたので、今後も宜しくお願い致します。

MAKIKYU | URL | 2013年04月27日(Sat)17:56 [EDIT]


Re:リンク設定させて頂きました

MAKIKYU様、リンク設定ありがとうございました。
北総線の経営状況は黒字であっても運賃の高さは長年の課題です。僕は2011年を最後に北総線には乗車してませんが、千葉ニュータウンを見ていると活気のなさを感じ、多摩ニュータウン開発に成功した小田急・京王、田園都市開発に成功した東急と大違いです。京成が資本参加していたらこんなことにならなかった、と思うのですが北総開発鉄道(当時)が設立した当時は京成の経営状況は苦しく、やむを得なかったところがあります。

去年のダイヤ改正でアクセス特急の所要時間が大幅に短縮されただけでなく、データイムの印旛日本医大(印西牧の原)~羽田空港系統の京急線区間が快特化されたことで、所要時間がスカイアクセス開業前とさほど変わらなくなりました。その点は評価したいですし、次のダイヤ改正も期待したいと思います。

A80&481 | URL | 2013年04月30日(Tue)20:48 [EDIT]