たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

2004年の調布駅を振り返る

2012年8月19日。京王線の国領・布田・調布3駅が地下化されまもなく1年になります。今から9年前2004年の調布駅折り返し列車を思い出してみようかと・・・

一昔前の2001(平成13)年のダイヤ改正で相模原線内を折り返す各駅停車は6連化され、2006年9月改正まで6000系・7000系・8000系の6連を見ることができました。

まずは6021F。
04050601.jpg
2000年秋頃に6022Fの4連化(動物園線ワンマン対応化)に伴い、6連に組み替えられ・・・さらに2001年暮れには新宿駅の降車ホーム側にホーム柵(自動ではない)が設置され・・・、そのような事情で6021Fは新宿駅への入線が事実上不可能となり相模原線専用となったのです。

それから大きな動きもなかったのですが・・・そんな6021Fに変化が訪れたのは2006年9月改正。この改正で線内運用は8連化と同時に都営車に変わり、6021Fは若葉台検車区内で休車状態に・・・。延命工事を受けず営業運転に戻ることなく翌2007年夏に廃車・解体されてしまいました。この編成のみ6000系で唯一在籍年数が最も短かったそうです(1991年製造、2007年廃車)。6022Fは最終日まで動物園線内折り返し運用で生涯を終えました。

続いて、7004F。方向幕が英字併記されてないのは懐かしいですね。パンタグラフも菱形でした。
04050602.jpg
現在も特急から各停までオールマイティに活躍しています。

今でも後悔しているのは8000系6連運用を撮影しなかった(というよりできなかった)ことでしょうか。2000年代前半の8000系は相模原線では6連に、本線では時折4+4になって運用に入っていました。現在8000系は小田急や東武などのように車両をバラしたりすることはまずないので(中間運転台部分はATC改造はしておらず2013年現在は固定編成)、6連となると相模原線の5年半とシーズンダイヤ(2006年改正を持って廃止)における分割特急で見ることができたのです。

そういうことを思い出すと、管理人はもったいないことをしたなぁ・・・。とはいえ、京王線では今後6連運用が再び登場することはまず考えにくいですし・・・それよりも地下化前の調布駅を思い出したい、という気持ちから今回の記事を作成しました。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する