たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

2100形の更新車

1998(平成10)年にデビューした京急2100形。デビューから15年が経過し、昨年から更新工事が始まりました。

車内の様子。
14072405.jpg
小さくて申し訳ないのですが、LCDが搭載されています。また、車端部の窓が開閉できるように改造された模様です。

2100形は1998年の羽田空港駅(現羽田空港国内線ターミナル駅)開業時、羽田空港~成田空港間を1本で結ぶ士快特(当時は京成本線経由)に入れたいという話がありました。しかしながら東京都交通局から反対され、自社線の快特・ウイング号を中心に現在も活躍しています。

2011(平成23)年には馬込検修場で開催される「都営ファンフェスタ」のゲストとして初めて自社線を飛び出し、都営浅草線にやってきたのです。AE100形もデビュー以来20余年ぶりに京成押上線と都営浅草線を走行しました。
11110501.jpg
本当は都営浅草線に乗り入れしたかったであろう2100形。乗り入れできるのは泉岳寺までと定められています。

これからも京急の代表「快特」の顔として活躍が期待できます。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する