たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

小田急線・世田谷地区の複々線化工事を振り返る(中)

2004年12月11日。世田谷代田~喜多見間の複々線化が完了し、同時にダイヤ改正が行われました。その際に登場した種別の話をいたしましょう。

ダイヤ改正では湘南急行と特急サポートの愛称が廃止され、「さがみ」の名称が復活しました(さがみ号の運行は小田原まで)。そして新たな種別として登場したのが、「快速急行」と「区間準急」でした。

快速急行は優等列車利用旅客を長距離と近距離に分離することによる長距離旅客の速達性向上と近郊区間における急行の混雑緩和を目的に設定した列車といえます。最大の特徴としては下北沢~新百合ヶ丘間をノンストップで運行しています。それ以外の停車駅は急行と変わりません。

区間準急は東北沢駅での待避設備停止をうけ、新宿~梅ヶ丘間を速達運行し、梅ヶ丘以西は各駅停車となる列車です。運行の基本は新宿~唐木田間ですが一部本厚木発着も設定されています。データイム時間帯は上下線とも代々木上原で多摩急行と接続し、新宿~小田急多摩センター間は京王との対抗意識が強いといっても過言ではありません。ただ、多摩ニュータウンのアクセスはもともと京王が有利だったのですが、複々線化が進んだことによりホームウェイ、多摩急行、そして区間準急と開業当時とは想像できないくらい利便性が向上したといえます。

また、ダイヤ改正当日には多摩線黒川~小田急永山間にはるひ野駅が開業しました。ユニバーサルデザインに配慮した設計だけでなく、風力・太陽光ハイブリット発電設備が導入されました。駅から徒歩10分ぐらいのところには京王相模原線の若葉台駅がありますが、住宅地の開発が進んだ現在、一日乗降人員は増加傾向にあります。

それから経堂駅では平日日中と土休日(終日)の急行停車が始まりました。経堂駅周辺は商業施設や学校が数多くあります。これにより新宿方面はもちろんのこと、町田方面からのアクセスが向上したのは言うまでもありません。特に千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵駅の利用客は複々線化が完成するまで、下北沢まで各駅停車で移動しなければならず、経堂駅では通過待ちが当たり前だったのです。経堂駅に急行が停車するようになったことで、千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵駅の利用客の利便性は向上しました。

東北沢駅での通過待ちがこのダイヤ改正で全廃となり、新宿~梅ヶ丘間の所要時間は短縮されたほか、踏切を渡る東急バスの渋55系統(渋谷駅~幡ヶ谷折返所)も踏切での待ち時間が若干短縮されました。ただ、相変わらず開かずの踏切なことに変化はありませんでした。

(下)では地下化に関する話とまちづくりといった話をまとめたいと思います。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する