たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

衰退が避けられない都市バス路線

都03、グリーンアローズ。1988(昭和63)年に銀71(新宿駅西口~晴海埠頭)から都市バス化され、2000(平成12)年の都営大戸船全線開業により、四ツ谷駅まで短縮されたのですが、それから15年で減便の繰り返し。これはもう・・・

四谷駅停留所(降車場)で待機中の都03。新宿駅西口発着時代も四谷駅止まりはありました。
15042705.jpg

画像がぶれていて申し訳ありません。現在の都03の本数です。平日は1Hに2本、土休日は毎時1本とこれはもう都市バスとは言えないのが現状です。
15060401.jpg

銀71から都03になった時の担当は杉並自動車営業所、四谷駅短縮後は深川自動車営業所に移管され、2015年現在は港南支所かつはとバス委託路線となっています。かつては新宿駅西口から都心部を経由して晴海埠頭まで乗り換えなしで行けたのですが、長距離路線であるため回転率が悪く赤字が避けられなかったことや、渋滞で時間が読めないといった背景が都03の短縮になってしまったのです。大江戸線開業に伴う路線再編で短縮されたのは致しがたはありませんが、その後は改正のたびに減便の繰り返し。8系統ある都市バスで唯一衰退してしまった都03。もう一度都市バスとしての再生を期待したいのですが、それは無理なのでしょうか?

仮に都03を利用するお客様の多くが高齢者だったら、再生は期待できたかもしれません。ただ、路線図を見ても四谷~築地あたりは商業エリア、勝どきエリアは商業ならびに住宅エリアであるため、そのすみわけが難しいといったところがあります。また、晴海埠頭付近を除き、道路が渋滞すると遅延が発生しやすいのもこの路線の弱点。路線短縮した新宿~四谷間もそういったところがあったかと思います。

それでも廃止にならず路線として残ったことに対してわれわれ利用者は感謝すべき点はあります。しかし、今後の動向次第によっては曇り空ではないかと考えずにはいられないのも事実です。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんわ

どうでしょう?
高齢者は無料パスでしか乗らないので実質赤字でしょう

正規料金で乗る人が増えない限り無理でしょう

南栗橋車両管理区荒川支所 | URL | 2015年06月27日(Sat)19:55 [EDIT]