たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

特急車唯一のVVVF

1993(平成5)年に先代レッドアロー・5000系の代替を目的に導入された10000系。全12編成製造されたのですが、最終編成のみVVVFとなっています。

レッドアローといえば、池袋と西武秩父を結ぶ「ちちぶ」(飯能までの列車は「むさし」)と西武新宿と本川越を結ぶ「小江戸」がおなじみの列車となっています。「小江戸」は1993(平成5)年から運行開始し現在に至ります。

話を変えます。今年3月に西武新宿線本川越駅で撮り鉄してた際に特徴ある編成に遭遇した次第です。その時に特急車唯一のVVVF編成に出会えたのです。
15031701.jpg
2003(平成15)年に製造された10112F。この編成のみ行先表示はLEDとなっています。

15031702.jpg
側面は通勤型車両と同じフォント。

運転台を見てみましょう…。
15031703.jpg
2003年当時、JRを含め通勤型車両はワンハンドルマスコンが主流でしたが、最終編成もツーハンドルでの登場でした。西武鉄道で2000年代に製造された車両でツーハンドルマスコンとなっているのは前にも後にもこの10112Fのみです。

製造時より南入曽車両管理所に配属され、小江戸を中心に活躍しています。一時期は小手指車両管理所に配属され、「ちちぶ」で活躍していたこともあります。

10000系は登場から20余年が経過し、更新工事は行ったものの11編成目まではVVVFではなく抵抗制御となっています。9000系は全編成抵抗制御からVVVFになったのですが、改造費がかかったのからなのでしょうか。10000系の抵抗制御編成はVVVFに改造されることなく現在に至っています。西武秩父線も1時間当たり本数が多いわけではないですから、抵抗制御で十分という事情もありますし、そこまで改造費をかける必要性はないということでしょう。

少子高齢化で鉄道利用者の減少が避けられない昨今、無駄な改造をするんだったら、沿線の価値を高めていくことが西武だけでなく、JR・民鉄とも求められているのです。そういったことを利用者は忘れてはならないのです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する