たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

宿44の終車

新宿駅西口と武蔵境駅南口を結ぶ小田急バスの長距離路線・宿44。1日2便の大幅減便から2年が経過し、さらに吉祥寺から武蔵境営業所による担当になって半年が経過しました。かつてのような本数は正直望めないかもしれません。

宿44に関しては過去数回記事に挙げていますが、新宿駅西口を発車すると甲州街道、井の頭通り、吉祥寺通り、連雀通りを経て武蔵境駅までを結んでいます。全線の標準所要時間は60分となっていますが、渋滞が発生しやすい道路をひたすら走るため、所要時間が大幅に伸びてしまうことも少なくありません。ちなみに中央線を利用した場合、同区間の所要時間は20分(三鷹での通過待ちや特快の待ち合わせ時を除く)。そりゃ、電車のほうが時間が正確ですし、早いのも当然です。

あと少しで終車となる・・・。
16020401.jpg

武蔵境営業所に移管された後も、発車時間の変更はありません。ただし、吉祥寺営業所行きが吉祥寺駅中央口止まりに変わったくらいですが…。
16020402.jpg

小田急百貨店の建物と一緒に。前に止まっているのは小湊交通の高速バスです。この乗り場は小田急バス・小田急箱根高速バスが数多く発着していますので、乗車する際は行先等間違えないよう確認してください。
16020403.jpg

新宿を去り、遠路武蔵境へ。
16020404.jpg

この系統の利用者の多くは高齢者だそうです。というのも、シルバーパスを持っていることもあり、バスに関しては料金を払う必要性がありません。高齢者がシルバーパスを持参すればするほど、路線は赤字になり、本数は大幅に減少。そういった流れになってしまったような気がありません。とはいえ、小田急バスの免許維持路線であるため会社の一方的な都合で廃止させるわけにはいきません。今後、もう1往復でもいいからアイドルタイムにでも運行してくれたらいいと思うのは管理人だけでしょうか?

おまけ。京王バスのポールのまま宿44が発着する停留所があります。
16011201.jpg

東京オペラシティ南停留所です。武蔵境方向は小田急バスのポールとなっていますが、新宿方向は京王バスの旧タイプです。新宿循環・宿30系統が廃止されてからは京王バスの部分は黄色いテープで隠され、小田急バスのみが使っています。京王バスの旧ポールのまま小田急バスだけが使用しているのはこの停留所だけではないかと思います。(もし東京オペラシティ南以外の停留所で同じようなものがあったら、コメント欄に書き込んでください。後日確認しに行きたいと思います)

京王のポールの横は都営のポールが建っていますが、この停留所に発着する都営バスは1時間に1本(場合によっては2、3時間来ない時間帯もある)なので、正直なところポール2本は必要ないな、と思ってしまいます。
16011202.jpg

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する