たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

地味な車両2000形

この車両の導入が輸送力増強だけでなく1000形ワイドドア車の座席数減少の改善につながったといえます。

1995(平成7)年3月のダイヤ改正にデビューした2000形車両は輸送力増強目的で製造され、各停と準急を中心に活躍することになります。ドア幅は2Mだったのが1.6Mに縮小され、またデビュー当時から営団地下鉄(現東京メトロ)千代田線乗り入れに考慮した車両幅となっています。2001(平成13)年までに8両編成9編成が製造されました。

まずは1次車。1994(平成6)年度製造の2051・2052Fが該当。
15031902.jpg
1000形の正面がLEDになったかのような表情になりました。その後行先表示は3色LED・明朝体からフルカラーLED・ゴシック体に変わり、柔らかみが感じるようになりました。また、デビュー当時は退役が進む銀座線01系みたくマップ式路線図がありましたが、列車種別が増加したことにより、これらは撤去されてしまいました。1081Fにもマップ式路線図が搭載しており、当時小田急線沿線在住だった管理人にとって、これらに乗車するとラッキーな気分になったことを今でも憶えています。

1998(平成10)年度製造の2053Fから2000(平成12)年度製造の2059Fまではこの表情。
15031903.jpg
1998(平成10)年度に製造された2053Fからは正面の急行灯が廃止され、車内の案内表示器は全て文字スクロールのものになりました。2000(平成12)年度製造の2054Fから2059Fまでは2600形8連を置き換える結果になりましたが、2054Fに関してはVVVF試験車だった2666Fの機器が転用されました。

その後、フルカラーLEDの交換や帯色の変更(ロイヤルブルーからインペリアルブルー)を経て現在は各停を中心に活躍しています。2枚目の画像は「区間準急 新宿」を表示していますが、本年3月のダイヤ改正をもって区間準急は廃止されました。現在東京都内の私鉄で区間準急が残っているのは東武伊勢崎線(運行区間は主に浅草~久喜間)のみとなっています。小田急線の場合、新宿~梅ヶ丘間を急行運転し、梅ヶ丘から先は各駅停車だったのですが、梅ヶ丘以遠は毎時8本も走っており、途中急行との待ち合わせがあると毎時6本の各駅停車とのバランスが崩れるといったこともありました。1時間に6本というのが利用者にとっては分かりやすい、というのも区間準急廃止の理由として大きいと思います。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する