たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

チョロQバスのパイオニア

今年もあと1か月…となりました。

今回は京王バスのチョロQに関するおはなし。今から20年前の1996(平成8)年秋に京王帝都電鉄(当時)は日産ディーゼルに全長7M、全幅2.3Mのワンステップバスを開発しました。その結果、小回りが利くようになったり、燃費や車両価格においても抑えられるといったメリットが出たのです。
13111004.jpg
画像は多摩動物公園駅に隣接する京王れーるランド内に保存されているKC-RN210CSN。京王バスが設立した1997(平成9)年には調布営業所に大量配置されました。しかし、良い点ばかりではありません。一部路線においては大型車からチョロQに変わったことで混雑が激しくなった、といったクレームもあったそうです。

そんな京王バスのチョロQ車ですが、廃車後東京近郊で第二の人生を送っている車両がいます。

15062904.jpg
埼玉県・さいたま市にあるステラタウンの無料送迎バス(JR土呂駅~ステラタウン)で活躍中です。

15062905.jpg
埼玉県富士見市に本社を持つ「株式会社平成エンタープライズ」に譲渡されました。れーるランドで撮影した画像を比較しても元・京王バスであることがわかるかと思います。

京王バス設立当時にデビューした車両が東京近郊で第二の人生を送っている姿を見てどこか感慨深く感じた管理人であります。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する