たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

地域型コミュニティバス「ムーバス」

武蔵野市のコミュニティバス「ムーバス」。1995(平成7)年11月26日から運行を開始し、その後市内の他エリアにおいても路線を開設し、バスの不便なエリアを補完する役目を果たすようになりました。

ムーバスを最初に運行を開始したのは関東バスでしたが、2000(平成12)年から小田急バスも参入するようになりました。
15022702.jpg
新小金井駐車場の入り口で一休みをしている最中です。

15022703.jpg
小田急バスの車両ですが、「武蔵野市」の表記も忘れていません。

15022704.jpg
新小金井駐車場を出発し、西武多摩川線の踏切で一時停止。そのまま武蔵境営業所に向かおうとしています。

小田急バス運行のムーバスは
・2000(平成12)年11月26日開業の境南西循環・東循環(3号線)
・2004(平成16)年11月27日開業の境西循環線
・2005(平成17)年5月29日開業の境・東小金井線
(この2路線は5号線)
・2007(平成19)年3月31日開業の境・三鷹循環(7号線)
を受け持っています。

ムーバスが開業した当時と今とでは高齢化社会が進み、バスの必要性が高まっています。しかし、道幅の狭い道路にバスを走らせることは容易なことではありません。開業から20余年が経過し、ムーバスをきっかけに全国の自治体はコミュニティバスを走らせるようになりました。交通の不便な個所を結ぶため、お世辞にも使いやすい本数とは言えませんが。さらに、武蔵境営業所では1998(平成10)年から「みたかシティバス」も運行を開始しており、こちらも鉄道の駅から交通空白地域のアクセス改善を図っています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する