たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

鉄道にはできないこと、考えてみませんか?

東京圏の鉄道網は山手線から西側へ進んでいますが、山手線内の南北移動は主に地下鉄、山手線の西側となると南北の交通網が整備されていないのが現状です。そのような現状だからこそバスの役目があるのです。

17052101.jpg
京王線・井の頭線の車内に掲示してある中づり広告です。

17052102.jpg
新宿・渋谷から調布までは主に京王バス東のエリアです。京王バス東は南は小田急線から京王線・井の頭線を挟み、北は中央線の駅を中心に発着しています(1系統のみ西武新宿線・西武池袋線エリアまで到達)。

17052103.jpg
府中地区は京王バス中央が南北路線の輸送を担っています。京王線と中央線の間の移動手段としてバスは欠かせません。

17052104.jpg
聖蹟桜ヶ丘・多摩ニュータウンエリアも駅と駅を結ぶ路線が充実しています。2000(平成12)年1月に多摩モノレールが全通した後もバスの利便性を失うわけにはいきません。

京王は電車とバスが分割された後もバスとの連携が上手な類に入ります。鉄道ではカバーできないところを補助するのがバスの役目。今年は京王バス(株)の設立から20年の節目に当たるのですが、バスを取り巻く環境は厳しいのが現実です。公共交通機関の立場を事業者だけでなく利用者も考えなければならない時代であるともいえるのです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する