たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

モノレールはやってくるのか?

小田急線・JR横浜線が交差する町田駅。モノレールが乗り入れる可能性は本当にあるのでしょうか?

15012201.jpg
おととし撮影した垂れ幕です。
「未来のまちだにモノレール
と記されていることが分かります。

多摩モノレールは1998(平成10)年11月に立川北~上北台間が、2000(平成12)年1月には立川北~多摩センター間が開業し、玉川上水では西武拝島線、立川北・立川南ではJR中央線・南武線・青梅線、高幡不動では京王線、終着の多摩センターでは小田急多摩線(小田急多摩センター)・京王相模原線(京王多摩センター)までが1本で結ばれました。モノレールが開業するまで、南北の移動手段はバスが主流でした。しかし交通渋滞に悩まされることが多く、モノレールの開業によって南北の移動が改善されました。

そんなモノレールですが、多摩センターから町田に乗り入れるという計画が浮上しています。

しかしながら、多摩モノレールは第三セクターであるため開通当時から経営状況は厳しく、ホームページを見ても町田延伸に関することは記載されていません。地元側では延伸誘致に乗り気はあっても、会社側では違うのです。ともあれ、土地の買収や会社の経営状況を考えても実現する可能性は低いのです。たとえ開業しても赤字状態が続き、黒字になるまで時間がかかることも予想されます。

また町田駅から南北の移動はバスがメインで本数は多く、モノレールを開業させる必要は高くないのも事実です。とはいっても、バスは渋滞が多く定時運行が難しいことから、モノレールがあると便利だ、という住民も中にいるのではないかと管理人は考えます。それはさておき、高度経済成長期と違い、現在は鉄道を整備する時代ではありません。既存インフラを改善するだけでもコストはかかりますが、鉄道を建設するのとを比較すると負担が違います。地域の足として何が必要なのかを考えれば自ずと解決できることはあるからです。国、都、事業者、そして最終的には利用者と関わってくるのです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する