たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

貨物線を活用した列車

JRでは貨物線があり、山手貨物線では埼京線、湘南新宿ラインが走っていることが代表的なのですが、武蔵野貨物線においても一日に数往復旅客列車が設定されています。

それが「むさしの号」にあたります。
16031901.jpg
むさしの号は大宮駅から貨物線を経由し、立川・八王子方面(一部府中本町発着もあり)の「むさしの」と千葉方面の「しもうさ」に設定されている列車の一つです。

16031902.jpg
種別部分は「むさしの号」となっており、粋があります。

大宮駅ではこのような表示が欠かせません。
16031903.jpg

両数だけでなく
16031904.jpg
「むさしの号」と交互表示していることがお分かりいだ抱けるかと思います。

中央線内では…
14060804.jpg
かつて国立、日野、豊田は通過だったのですが、2014(平成26)年3月15日ダイヤ改正からは停車駅となりました。ただ、国立駅から乗車した場合、次の停車駅は西国分寺駅ではなく、新小平駅になるので注意が必要です。

「東京メガループ」の利便性、速達性を向上させた列車は国鉄時代にもありました。「むさしの」「しもうさ」の特徴として一番の大きな狙いは大宮駅を発着する新幹線のアクセス改善にもつながっています。運用を拡大するのも一つの案ですが、貨物列車が通過する武蔵野線や密度の高い中央快速線のことを考えると一筋縄にはいきません。運行できる時間帯が限られているのも事実ですが、都心部を通らないルートとしての価値は高いんじゃないかな、と管理人は考えています。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する