FC2ブログ

たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

今も残る表記物

東武スカイツリーライン・北千住駅。1990年代後半に大改良工事が竣工し、日比谷線ホームと浅草発着のホームが分かれ、混雑緩和に大きく寄与しました。そんな北千住駅にはとあるものが残っています。

まずは地上ホームから
18062101.jpg
1番線ホームにおける乗車位置の案内プレートです。一番右端をご覧ください。

18062102.jpg
東急5000系に連結していた6ドア車の乗車位置です。2017年春までに6ドア車は全て4ドア車に統一され、自社線および半蔵門線区間においては乗車位置案内は全てはがされました。ただ、東武線となると北千住駅みたく残っている駅があるようです。もし、乗車位置が残っている、といった情報があれば管理人のコメント欄に記入していただけたら幸いです。後日確認しに行きたいと考えています。

6・7番線(日比谷線ホーム、上野・銀座・中目黒方面)へ向かう階段。日比谷線各駅の案内がされています。
17021217.jpg
でも気付いてほしいのはここではありません。

17021218.jpg
そうです。中目黒駅から先、東急東横線菊名駅までの各駅が表記されています。2013(平成25)年3月15日をもって日比谷線と東急東横線の乗り入れは終了し(日比谷線は全て中目黒発着に変更)、日比谷線各駅の路線図もすべて交換されました。しかしながら北千住駅の場合は直通運転終了から5年経過しても交換されていません。ただ、事業者側から見ると「中目黒で東急東横線に乗り換えれば横浜方面へ行けますよ」の案内を継続したいのではないかと考えることもできるのです。

今では見れなくなったものが未だに駅構内に残っているとは…。管理人は北千住駅を頻繁に利用しているわけではないので、このような表記物が次足を運んだ時も残っているかどうかはやはり気になってしまうものです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する