FC2ブログ

たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

郊外でも見れるリムジン

「リムジンバス」といえば都会で見かける機会が多いのでは?、と誰もが想像します。都会だけではなく、郊外でも見かける機会がここ十数年多くなりました。

こちらは東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅にあるバスターミナル。小田急バスと東急バスが乗入れますが、高速バスは京浜急行バス、東急トランセ、京王バス東、フジエクスプレス(富士急行の子会社)が乗入れます。管理人が二子玉川へ外出しバスターミナルに足を延ばした際に、京浜急行のリムジンバスに遭遇しました。
17101506.jpg

京浜急行バスといえば京急沿線を中心に路線網を広げており、一時期はエリアごとに分けられていましたが、今年からは完全に「京浜急行バス」に統一されました。運転手不足や部門ごとの非効率さが仇となり、新生・「京浜急行バス」として再出発したのです。

17101507.jpg
リムジンバス、といえば下にスーツケース置き場が確保されていますが、シールが色ごとにに分けらているのはなぜでしょうか?

17101508.jpg
3か所あるうち一番左は薄いミント色で「国際線ターミナル」のシールが貼られています。

17101509.jpg
中央は赤で「第一ターミナル」のシールが貼られています。

17101510.jpg
一番右端は青で「第二ターミナル」のシールが貼られています。

空港利用客がスーツケースを間違わないようどこで降りるか、収納扉が分けられていることがわかります。

東急沿線から羽田空港、となると電車では乗り継ぎに時間を要するので、リムジンバスがいかに便利であることが伺えます。かつては田園調布駅から1日4本、京浜急行電鉄(当時)による羽田空港行きのバスがありましたが、利用客の減少により路線そのものが廃止されました。しかし、二子玉川駅発羽田空港行きの場合は1時間に1本、の本数なのでこれがちょうどいい、という結果なのでしょう。

それにしても自社沿線外で見るバスの姿はなかなか見慣れないものです。外出先で見かけたら、やはり撮りたくなってしまう気持ちは高まりますね…。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する