FC2ブログ

たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

平成に開業した駅 西武編

鉄道各社でも平成に開業した駅がありますが、今回は西武鉄道を紹介します。

四半世紀前の1994(平成6)年12月7日に開業した池袋線・練馬高野台駅です。
17012201.jpg
画像は南口の様子で、広場となっています。

17012202.jpg
画像は北口。1F部分は商業施設があり、ターミナルが設けられています。

ちょっと気になったのが駅のサインです。1990年代は当たり前だったサインが残っていました。
17012203.jpg

どこか懐かしい気分になるのはなぜでしょう。
17012204.jpg

ホームは駅名表示板を除き旧型サインです。
17012205.jpg

お手洗いまでも(食事中の方、すみません…)
17012206.jpg
これらが現在も残っているかわかりませんが、やはり記録は大事なのかもしれません。これが令和になった現在も見れるかどうかは管理人が練馬高野台駅に用事がない限り、確認することはできません。さておき練馬高野台駅の話に戻しますが、当初は「東石神井」を予定していました。頭に「練馬」がついているのは国分寺線に「鷹の台」があり、同音となることから駅名がこのようになったのだそうです。2000年代に入ると当駅発着の地下鉄直通列車が設定され、石神井公園まで複々線が完成する2012(平成24)年6月30日のダイヤ改正まで見ることができました。

西武鉄道の駅で一番新しい駅がここ練馬高野台。25年でここまで変わったのかと思います。ちなみにこの日は西武有楽町線新桜台~練馬間(単線による開業)と東京メトロ副都心線の前身である有楽町新線の新線池袋(現・副都心線池袋駅)~小竹向原駅間が開業(当時は要町・千川駅は通過)するなど西武の都心直通への歴史が始まろうとしていた日でもありました。6000系も念願の都心乗り入れを果たすことができ、乗り入れ開始当時は東急東横線、みなとみらい線へ乗り入れるとは想像もしなかったことでしょう。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する