FC2ブログ

たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

渋34・廃止

昨日付で渋34(渋谷駅~都立大学駅北口~東京医療センター)系統が廃止され、都立34系統が新設されました。昨日まで見れた思い出の光景を振り返ります。

渋34系統は1988(昭和63)年に新設され、1999(平成11)年8月から2014(平成26)年8月末日まで下馬営業所による担当を受け、淡島営業所に里帰りしました。その間、2000年代に入ってから東京医療センター構内への乗り入れ開始がありましたが、昨日付で廃止されました。

14062203.jpg
2014年6月に撮影した渋谷駅のバスポール。バスターミナルは工事が進み、路線は両方とも廃止されたため、見ることはできません。

14062204.jpg
系統案内です。渋33は随分ロングラン路線だったことがわかります。

14082402.jpg
淡島に移管される1週間前に撮影した渋34系統です。下馬移管後の渋34は中型車メインに変わりました。

14082403.jpg
下馬は現在黒09のみとなりましたが、最盛期は渋33、34、黒06、恵32、森91といった営業所に近い路線を担当していたことを思い出します。

15082011.jpg
都立大学駅止まりの渋34。都立大学駅北口に到着した後に撮影しました。その後バスはそのまま回送入庫するダイヤでした。

15082012.jpg
かつては都立大学駅北口到着後、中根町→八雲高校→八雲→都立大学付属高校と循環し、渋谷駅に戻るルートでした。

渋谷駅から都立大学駅を経由し、東京医療センターまで乗り入れていましたが、やはり本数は少なく、最初から渋11で向かうほうが早いため、路線としての存在意義が失われてしまいました。都立34系統が新設されたことにより、淡島営業所で渋谷駅発着以外の路線を初めて受け持つことになります。また、「渋」以外の系統を使うのも「東85」の廃止以来40数年ぶりの復活です。

渋34系統の廃止により、画像全てが過去帳入りしましたが、撮影当時まさか廃止になるとは全く想像もしていませんでした。都内の路線見直しは今後どうなっていくか今後の課題になりそうです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する