FC2ブログ

たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

御殿場直通65年

今年2020年は小田急が御殿場乗り入れを開始してから65年という節目の年です。箱根のもう一つの玄関口御殿場エリアの活性化を握るのはやはり小田急ではないかと管理人は考えます。

18040101.jpg
一昨年(2018年)3月17日ダイヤ改正で特急ロマンスカー「あさぎり」は「ふじさん」に変わってリニューアルされましたが、御殿場線乗り入れが片乗り入れになった2012(平成24)年3月ダイヤ改正以降、小田急は御殿場線沿線の活性化に力を注いでいるように感じています。

沼津発着時代は「中伊豆フリーパス」「西伊豆フリーパス」といった乗車券がありましたが、区間短縮と同時に発売も終了としました。これら企画乗車券はやはりJR東海も絡んでくるため定着率も低かったのでしょう。今後も御殿場方面の誘致は続くにしても、一日数往復しか直通運転していないなどの事情もあるので、そのようなことを考えても企画乗車券の発売までは行わない、という方針で行くのではないでしょうか。

御殿場線乗り入れ開始から65年を振り返ると、東名高速道路や高速バスの開業等で都心方面からのアクセスは改善されました。逆に小田急線方面から直通列車の本数が増えた、というケースは一度もありません。小田急線区間も列車密度が高く簡単には本数を増やせないという事情があります。ただ、小田急は箱根で観光した後御殿場まで足を運んで都心に戻るという周遊ルートを確保したのですから、やはり安易に直通運転を取りやめる、ということはないと思います。実際、松田連絡線はふじさん号だけではなく、新車や車両改造の甲種回送の際にも活用されています。

60年余り続く直通運転も時代の流れとともに変化し続けていくようです。

関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する