たきわ交通局

たきわ交通局管理人のA80&481です。よろしくお願いいたします。

地下鉄走って90年、速達性を求めて

1927(昭和2)年12月30日。日本初の地下鉄(のちの東京メトロ銀座線)が上野~浅草間に開業して今年で90年。東京から歴史が始まった地下鉄はその後横浜、名古屋、仙台、大阪、神戸、福岡、札幌と対流輸送の足として現在に至るまで貢献してきました。そこで今日は90年の歴史の中で地下鉄における優等列車の話にお付き合いください。

つづきを表示

PageTop

快適な通勤を目指す取り組み

1990年代は混雑時間帯を避けて利用する「オフピーク通勤」が全国の鉄道会社で推進されましたが、近年は早朝時間帯への通勤推奨、車両の増強などといった取り組みも欠かせません。

つづきを表示

PageTop

90年の歴史

今から90年前といえば1927(昭和2)年。日本最初の地下鉄である銀座線が開業した年なのですが、新宿を発着するもう一つの私鉄が開業したのもこの年でした。

つづきを表示

PageTop

モノレールはやってくるのか?

小田急線・JR横浜線が交差する町田駅。モノレールが乗り入れる可能性は本当にあるのでしょうか?

つづきを表示

PageTop

15年目の芝山鉄道

2002(平成14)年10月27日、芝山鉄道の東成田~芝山千代田間が開業し今年で15年目になります。そんな芝山鉄道の素顔を振り返ってみようかと…

※芝山鉄道は京成グループではないものの車両は京成電鉄からのリースしていますので、ここでは「京成・北総・新京成」として扱います。

つづきを表示

PageTop

行先表示の変遷

京急電車の行先表示、ひと昔前から振り返ってみます。

つづきを表示

PageTop

新低床から進化したワンステップバスの変遷

バスといえばツーステップ車が主流だった1990年代半ばからワンステップ車の導入が各事業者で見直されるようになりました。すべての人がバスを使えるように…、という方向性も考慮していたことでしょう。

つづきを表示

PageTop

鉄道にはできないこと、考えてみませんか?

東京圏の鉄道網は山手線から西側へ進んでいますが、山手線内の南北移動は主に地下鉄、山手線の西側となると南北の交通網が整備されていないのが現状です。そのような現状だからこそバスの役目があるのです。

つづきを表示

PageTop

バス会社のエリア境界

小田急線は多摩川を渡り、登戸~柿生間で神奈川県を走行しますが、鶴川~町田間は東京都町田市を走行します。さて、神奈川県からいったん東京都に戻った鶴川駅。ここにとある特徴があります。

つづきを表示

PageTop

このターミナルからも新幹線の歴史が

1964(昭和39)年10月1日に東海道新幹線が開業し、東京から新大阪までが在来線を使った場合と違い、大きく所要時間が短縮されました。その後東海道新幹線は新大阪から山陽新幹線に入り、博多まで1本で迎えるようになったのは周知のとおりです。首都圏にはもうひとつの新幹線が開業し、とある場所から歴史が始まったのです。

つづきを表示

PageTop